Excel関数一覧([数式]タブ順)

Excelの全関数を、概ねですが[数式]タブのボタンの配置順に分類します。同じ分類の中ではアルファベット順に並べます。

 2019   2016   2013   2010   2007  … 関数が追加されたバージョンを表します。
 365  … Excel 2019発売以降に Microsoft 365 に追加された関数です。
 直接入力  … [関数の挿入]ダイアログボックスから入力できない関数です。


なお、アルファベット順や機能別の一覧で関数を探したい場合は以下のページをどうぞ。

スポンサーリンク

財務

関数 説明
ACCRINT =ACCRINT(発行日, 初回利払日, 受渡日, 利率, 額面, 頻度, [基準], [計算方式])
 定期利付債の経過利息を求める
ACCRINTM =ACCRINTM(発行日, 受渡日, 利率, 償還価額, [基準])
 満期利付債の経過利息を求求める
AMORDEGRC =AMORDEGRC(取得価額, 購入日, 開始期, 残存価額, 期, 率, [年の基準])
 フランスの会計システムの減価償却費を求める
AMORLINC =AMORLINC(取得価額, 購入日, 開始期, 残存価額, 期, 率, [年の基準])
 フランスの会計システムの減価償却費を求める
COUPDAYBS =COUPDAYBS(受渡日, 満期日, 頻度, [基準])
 定期利付債の直前の利払日から受渡日までの日数を求める
COUPDAYS =COUPDAYS(受渡日, 満期日, 頻度, [基準])
 定期利付債の受渡日を含む利払期間の日数を求める
COUPDAYSNC =COUPDAYSNC(受渡日, 満期日, 頻度, [基準])
 定期利付債の受渡日から直後の利払日までの日数を求める
COUPNCD =COUPNCD(受渡日, 満期日, 頻度, [基準])
 定期利付債の受渡日以降の近い利払日を求める
COUPNUM =COUPNUM(受渡日, 満期日, 頻度, [基準])
 定期利付債の受渡日から満期日までの利払回数を求める
COUPPCD =COUPPCD(受渡日, 満期日, 頻度, [基準])
 定期利付債の受渡日以前の利払日を求める
CUMIPMT =CUMIPMT(利率, 期間, 現在価値, 開始期, 終了期, 支払期日)
 ローン返済額の利息の累計を求める
CUMPRINC =CUMPRINC(利率, 期間, 現在価値, 開始期, 終了期, 支払期日)
 ローン返済額の元金の累計を求める
DB =DB(取得価額, 残存価額, 耐用年数, 期, [月])
 旧定率法を使用して減価償却費を求める
DDB =DDB(取得価額, 残存価額, 耐用年数, 期間, [率])
 倍額定率法を使用して減価償却費を求める
DISC =DISC(受渡日, 満期日, 現在価格, 償還価額, [基準])
 割引債の割引率を求める
DOLLARDE =DOLLARDE(分数表現, 分母)
 分数表記のドル価格を小数表記に変換する
DOLLARFR =DOLLARFR(小数値, 分母)
 小数表記のドル価格を分数表記に変換する
DURATION =DURATION(受渡日, 満期日, 利率, 利回り, 頻度, [基準])
 定期利付債のデュレーションを求める
EFFECT =EFFECT(名目年利率, 複利計算回数)
 名目年利率と複利計算回数から実効年利率を求める
FV =FV(利率, 期間, 定期支払額, [現在価値], [支払期日])
 ローンや積立貯蓄の将来価値を求める
FVSCHEDULE =FVSCHEDULE(元金, 利率配列)
 利率が変動する預金や投資の将来価値を求める
INTRATE =INTRATE(受渡日, 満期日, 投資額, 償還価額, [基準])
 割引債の年利回りを求める
IPMT =IPMT(利率, 期, 期間, 現在価値, [将来価値], [支払期日])
 ローン返済額に含まれる利息を求める
IRR =IRR(範囲, [推定値])
 定期的なキャッシュフローから内部利益率を求める
ISPMT =ISPMT(利率, 期, 期間, 現在価値)
 元金均等返済で、指定した期に支払う利息分を求める
MDURATION =MDURATION(受渡日, 満期日, 利率, 利回り, 頻度, [基準])
 定期利付債の修正デュレーションを求める
MIRR =MIRR(範囲, 安全利率, 危険利率)
 定期的なキャッシュフローから修正内部利益率を求める
NOMINAL =NOMINAL(実効年利率, 複利計算回数)
 実効年利率と複利計算回数から名目年利率を求める
NPER =NPER(利率, 定期支払額, 現在価値, [将来価値], [支払期日])
 ローンや積立貯蓄の支払回数を求める
NPV =NPV(割引率, 値1, [値2]…)
 定期的なキャッシュフローから正味現在価値を求める
ODDFPRICE =ODDFPRICE(受渡日, 満期日, 発行日, 初回利払日, 利率, 利回り, 償還価額, 頻度, [基準])
 最初の利払期間が半端な定期利付債の現在価格を求める
ODDFYIELD =ODDFYIELD(受渡日, 満期日, 発行日, 初回利払日, 利率, 現在価格, 償還価額, 頻度, [基準])
 最初の利払期間が半端な定期利付債の利回りを求める
ODDLPRICE =ODDLPRICE(受渡日, 満期日, 最終利払日, 利率, 利回り, 償還価額, 頻度, [基準])
 最後の利払期間が半端な定期利付債の現在価格を求める
ODDLYIELD =ODDLYIELD(受渡日, 満期日, 最終利払日, 利率, 現在価格, 償還価額, 頻度, [基準])
 最後の利払期間が半端な定期利付債の利回りを求める
PDURATION
 2013 
=PDURATION(利率, 現在価値, 将来価値)
 投資の利率、元金、目標額から期間を求める
PMT =PMT(利率, 期間, 現在価値, [将来価値], [支払期日])
 ローンや積立貯蓄の定期的な支払額を求める
PPMT =PPMT(利率, 期, 期間, 現在価値, [将来価値], [支払期日])
 ローン返済額に含まれる元金を求める
PRICE =PRICE(受渡日, 満期日, 利率, 利回り, 償還価額, 頻度, [基準])
 定期利付債の現在価格を求める
PRICEDISC =PRICEDISC(受渡日, 満期日, 割引率, 償還価額, [基準])
 割引債の現在価格を求める
PRICEMAT =PRICEMAT(受渡日, 満期日, 発行日, 利率, 利回り, [基準])
 満期利付債の現在価格を求める
PV =PV(利率, 期間, 定期支払額, [将来価値], [支払期日])
 ローンや積立貯蓄の現在価値を求める
RATE =RATE(期間, 定期支払額, 現在価値, [将来価値], [支払期日], [推定値])
 ローンや積立貯蓄の利率を求める
RECEIVED =RECEIVED(受渡日, 満期日, 投資額, 割引率, [基準])
 割引債の満期日受取額を求める
RRI
 2013 
=RRI(期間, 現在価値, 将来価値)
 投資の期間、元金、目標額から利率を求める
SLN =SLN(取得価額, 残存価額, 耐用年数)
 旧定額法を使用して減価償却費を求める
STOCKHISTORY
 365 
=STOCKHISTORY(銘柄, 開始日, [終了日], [間隔], [ヘッダー], [列1], [列2]…)
 指定した銘柄の株価データを取り込む
SYD =SYD(取得価額, 残存価額, 耐用年数, 期)
 算術級数法を使用して減価償却費を求める
TBILLEQ =TBILLEQ(受渡日, 満期日, 割引率)
 米国財務省短期証券の債券換算利回りを求める
TBILLPRICE =TBILLPRICE(受渡日, 満期日, 割引率)
 米国財務省短期証券の現在価格を求める
TBILLYIELD =TBILLYIELD(受渡日, 満期日, 現在価格)
 米国財務省短期証券の利回りを求める
VDB =VDB(取得価額, 残存価額, 耐用年数, 開始期, 終了期, [率], [切り替えなし])
 倍額定率法を使用して減価償却費を求める
XIRR =XIRR(範囲, 日付, [推定値])
 不定期的なキャッシュフローから内部利益率を求める
XNPV =XNPV(割引率, キャッシュフロー, 日付)
 不定期的なキャッシュフローから正味現在価値を求める
YIELD =YIELD(受渡日, 満期日, 利率, 現在価格, 償還価額, 頻度, [基準])
 定期利付債の利回りを求める
YIELDDISC =YIELDDISC(受渡日, 満期日, 現在価格, 償還価額, [基準])
 割引債の年利回りを求める
YIELDMAT =YIELDMAT(受渡日, 満期日, 発行日, 利率, 現在価格, [基準])
 満期利付債の利回りを求める

論理

関数 説明
AND =AND(論理式1, [論理式2]…)
 すべての条件が成立するかどうかを調べる
FALSE =FALSE()
 論理値「FALSE」を返す
IF =IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)
 条件の真偽に応じて結果を2通りに分ける
IFERROR
 2007 
=IFERROR(値, エラーの場合の値)
 エラーの場合に表示する値を指定する
IFNA
 2013 
=IFNA(値, NAの場合の値)
 「#N/A」エラーの場合に表示する値を指定する
IFS
 2019 
=IFS(論理式1, 値1, [論理式2, 値2]…)
 複数の条件を順に判定して結果を分ける
NOT =NOT(論理式)
 条件の真偽を反転する
OR =OR(論理式1, [論理式2]…)
 少なくとも1つの条件が成立するかどうかを調べる
SWITCH
 2019 
=SWITCH(式, 値1, 結果1, [値2, 結果2]…, [既定値])
 値と結果のペアから指定した値に対応する結果を返す
TRUE =TRUE()
 論理値「TURE」を返す
XOR
 2013 
=XOR(論理式1, [論理式2]…)
 成立する条件が奇数個かどうかを調べる

文字列操作

関数 説明
ARRAYTOTEXT
 365 
=ARRAYTOTEXT(配列, [書式])
 データ形式を指定して配列から配列の文字列を作成する
ASC =ASC(文字列)
 全角文字を半角文字に変換する
BAHTTEXT =BAHTTEXT(数値)
 数値をタイ通貨の文字列に変換する
CHAR =CHAR(数値)
 文字コードから文字を求める
CLEAN =CLEAN(文字列)
 文字列に含まれる制御文字を削除する
CODE =CODE(文字列)
 指定した文字の文字コード求める
CONCAT
 2019 
=CONCAT(文字列1, [文字列2]…)
 複数の文字列を連結する
DOLLAR =DOLLAR(数値, [桁数])
 数値をドル通貨形式の文字列に変換する
EXACT =EXACT(文字列1, 文字列2)
 2つの文字列が等しいかどうかを調べる
FIND =FIND(検索文字列, 対象, [開始位置])
 検索文字列が何文字目にあるかを調べる
FINDB =FINDB(検索文字列, 対象, [開始位置])
 検索文字列が何バイト目にあるかを調べる
FIXED =FIXED(数値, [桁数], [桁区切り])
 数値を桁区切りスタイルの文字列に変換する
JIS =JIS(文字列)
 半角文字を全角文字に変換する
LEFT =LEFT(文字列, [文字数])
 文字列の先頭から指定数の文字を取り出す
LEFTB =LEFTB(文字列, [バイト数])
 文字列の先頭から指定バイト数の文字を取り出す
LEN =LEN(文字列)
 文字列の文字数を求める
LENB =LENB(文字列)
 文字列のバイト数を求める
LET
 365 
=LET(名前1, 式1, [名前2, 式2]…, [計算式])
 数式や値、セル範囲に名前を付けて関数内で使用する
LOWER =LOWER(文字列)
 アルファベットを小文字に変換する
MID =MID(文字列, 開始位置, 文字数)
 文字列の指定位置から指定数の文字を取り出す
MIDB =MIDB(文字列, 開始位置, バイト数)
 文字列の指定位置から指定バイト数の文字を取り出す
NUMBERSTRING
 直接入力 
=NUMBERSTRING(数値, 書式)
 数値を漢数字に変換する
NUMBERVALUE
 2013 
=NUMBERVALUE(文字列, [小数点記号], [桁区切り記号])
 特定の表示形式で表示されている数字の文字列を数値に変換する
PROPER =PROPER(文字列)
 英単語の先頭を大文字、2文字目以降を小文字に変換する
REPLACE =REPLACE(文字列, 開始位置, 文字数, 置換文字列)
 指定した文字数の文字列を置換文字列で置き換える
REPLACEB =REPLACEB(文字列, 開始位置, バイト数, 置換文字列)
 指定したバイト数の文字列を置換文字列で置き換える
REPT =REPT(文字列, 繰り返し回数)
 指定した回数だけ文字列を繰り返す
RIGHT =RIGHT(文字列, [文字数])
 文字列の末尾から指定数の文字を取り出す
RIGHTB =RIGHTB(文字列, [バイト数])
 文字列の末尾から指定バイト数の文字を取り出す
SEARCH =SEARCH(検索文字列, 対象, [開始位置])
 検索文字列が何文字目にあるかを調べる
SEARCHB =SEARCHB(検索文字列, 対象, [開始位置])
 検索文字列が何バイト目にあるかを調べる
SUBSTITUTE =SUBSTITUTE(文字列, 検索文字列, 置換文字列, [置換対象])
 文字列中の検索文字列を置換文字列で置き換える
T =T(値)
 値から文字列を取り出す
TEXT =TEXT(値, 表示形式)
 データに表示形式を設定して文字列に変換する
TEXTJOIN
 2019 
=TEXTJOIN(区切り文字, 空のセルは無視, 文字列1, [文字列2]…)
 区切り文字を挟みながら複数の文字列を連結する
TRIM =TRIM(文字列)
 文字列から余分なスペースを削除する
UNICHAR
 2013 
=UNICHAR(数値)
 ユニコードから文字を求める
UNICODE
 2013 
=UNICODE(文字列)
 指定した文字のユニコード求める
UPPER =UPPER(文字列)
 アルファベットを大文字に変換する
VALUE =VALUE(文字列)
 文字列を数値に変換する
VALUETOTEXT
 365 
=VALUETOTEXT(値, [書式])
 データ形式を指定して値を文字列に変換する
YEN =YEN(数値, [桁数])
 数値を円通貨形式の文字列に変換する

日付/時刻

関数 説明
DATE =DATE(年, 月, 日)
 年、月、日から日付を求める
作例…年・月・日から日付データを作成する
DATEDIF
 直接入力 
=DATEDIF(開始日, 終了日, 単位)
 開始日から終了日までの年数、月数、日数を求める
作例…生年月日から年齢を求める
DATESTRING
 直接入力 
=DATESTRING(シリアル値)
 シリアル値を和暦の日付文字列に変換する
DATEVALUE =DATEVALUE(日付文字列)
 日付文字列をシリアル値に変換する
DAY =DAY(シリアル値)
 日付から「日」を求める
作例…日付を年・月・日に分解する
DAYS
 2013 
=DAYS(開始日,終了日)
 開始日から終了日までの日数を求める
DAYS360 =DAYS360(開始日,終了日[,方式])
 1年を360日として開始日から終了日までの日数を求める
EDATE =EDATE(開始日, 月)
 「○カ月前」「○カ月後」の日付を求める
作例…納品日とレンタル期間から返却期限を計算する
EOMONTH =EOMONTH(開始日, 月)
 「○カ月前」「○カ月後」の月末日を求める
作例…「月末締め翌月末払い」の日付を計算する
HOUR =HOUR(シリアル値)
 時刻から「時」を求める
ISOWEEKNUM
 2013 
=ISOWEEKNUM(日付)
 日付からISO8601方式の週数を求める
MINUTE =MINUTE(シリアル値)
 時刻から「分」を求める
MONTH =MONTH(シリアル値)
 日付から「月」を求める
作例…日付を年・月・日に分解する
NETWORKDAYS =NETWORKDAYS(開始日, 終了日, [祭日])
 土日祝日を除外して開始日から終了日までの日数を求める
NETWORKDAYS.INTL
 2010 
=NETWORKDAYS.INTL(開始日, 終了日, [週末], [祭日])
 指定した曜日と日付を除外して開始日から終了日までの日数を求める
NOW =NOW()
 現在の日付と時刻を求める
作例…セルに現在の日付と時刻を表示する
SECOND =SECOND(シリアル値)
 時刻から「秒」を求める
TIME =TIME(時, 分, 秒)
 時、分、秒から時刻を求める
TIMEVALUE =TIMEVALUE(時刻文字列)
 時刻文字列をシリアル値に変換する
TODAY =TODAY()
 現在の日付を求める
作例…セルに現在の日付と時刻を表示する
WEEKDAY =WEEKDAY(シリアル値, [種類])
 日付から曜日番号を求める
WEEKNUM =WEEKNUM(シリアル値, [週の基準])
 日付から週数を求める
WORKDAY =WORKDAY(開始日, 日数, [祭日])
 土日祝日を除外して「○日前」「○日後」の日付を求める
WORKDAY.INTL
 2010 
=WORKDAY.INTL(開始日, 日数, [週末], [祭日])
 指定した曜日と日付を除外して「○日前」「○日後」の日付を求める
YEAR =YEAR(シリアル値)
 日付から「年」を求める
作例…日付を年・月・日に分解する
YEARFRAC =YEARFRAC(開始日, 終了日, [基準])
 開始日から終了日までの日数が 1 年に占める割合を求める

検索/行列

関数 説明
ADDRESS =ADDRESS(行番号, 列番号, [参照の型], [参照形式], [シート名])
 行番号と列番号からセル参照の文字列を作成する
AREAS =AREAS(範囲)
 指定した範囲に含まれる領域の個数を求める
CHOOSE =CHOOSE(インデックス, 値1, [値2]…)
 引数のリストから値を取り出す
COLUMN =COLUMN([参照])
 セルの列番号を求める
COLUMNS =COLUMNS(配列)
 セル範囲の列数を求める
FIELDVALUE
 365 
=FIELDVALUE(値, フィールド名)
 株価や地理のデータを取り出す
FILTER
 365 
=FILTER(範囲, 条件, [見つからない場合の値])
 指定した範囲から条件に合うデータを抽出する
FORMULATEXT
 2013 
=FORMULATEXT(参照)
 セルの数式を文字列として取り出す
GETPIVOTDATA =GETPIVOTDATA(データフィールド, ピボットテーブル, [フィールド1, アイテム1], [フィールド2, アイテム2]…)
 ピボットテーブルからデータを取り出す
HLOOKUP =HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, [検索の型])
 表を横方向に検索してデータを取り出す
HYPERLINK =HYPERLINK(リンク先, [別名])
 指定したリンク先にジャンプするハイパーリンクを作成する
INDEX =INDEX(参照, 行番号, [列番号], [領域番号])
 指定した行と列の位置にあるセルを取り出す(セル参照形式)
=INDEX(配列, 行番号, [列番号])
 指定した行と列の位置にある値を取り出す(配列形式)
INDIRECT =INDIRECT(参照文字列, [参照形式])
 セル参照の文字列から実際のセルを参照する
LOOKUP =LOOKUP(検査値, 検査範囲, [対応範囲])
 検索する範囲と取り出す範囲を別々に指定してデータを取り出す(ベクトル形式)
=LOOKUP(検査値, 配列)
 表の行列の長い方向に検索してデータを取り出す(配列方式)
MATCH =MATCH(検査値, 検査範囲, [照合の型])
 指定した範囲の中から検索値の位置を求める
OFFSET =OFFSET(基準, 行数, 列数, [高さ], [幅])
 基準のセルから指定した行数と列数だけ移動したセルを参照する
ROW =ROW([参照])
 セルの行番号を求める
ROWS =ROWS(配列)
 セル範囲の行数を求める
RTD =RTD(プログラムID, サーバー, トピック1, [トピック2]…)
 RTDサーバーからデータを取り出す
SORT
 365 
=SORT(範囲, [並べ替えインデックス], [順序], [方向])
 データを指定した順序で並べ替える
SORTBY
 365 
=SORTBY(範囲, 基準1, [順序1], [基準2, 順序2]…)
 データを指定した順序で並べ替える
TRANSPOSE =TRANSPOSE(配列)
 行と列を入れ替える
UNIQUE
 365 
=UNIQUE(範囲, [比較方向], [回数])
 重複するデータをまとめる
VLOOKUP =VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索の型])
 表を縦方向に検索してデータを取り出す
作例…商品リストから品番を検索して品名と価格を調べる
作例…得点に応じて「A、B、C、D」と評価を付ける
XLOOKUP
 365 
=XLOOKUP(検索値, 検索範囲, 戻り値範囲, [見つからない場合], [一致モード], [検索モード])
 さまざまな条件を指定してデータを取り出す
XMATCH
 365 
=XMATCH(検索値, 検索範囲, [一致モード], [検索モード])
 指定した範囲の中から検索値の位置を求める

数学/三角

関数 説明
ABS =ABS(数値)
 数値の絶対値を求める
ACOS =ACOS(数値)
 逆余弦を求める
ACOSH =ACOSH(数値)
 双曲線逆余弦を求める
ACOT
 2013 
=ACOT(数値)
 逆余接を求める
ACOTH
 2013 
=ACOTH(数値)
 双曲線逆余接を求める
AGGREGATE
 2010 
=AGGREGATE(集計方法, 除外条件, 範囲1, [範囲2]…)
 指定した集計方法でデータを集計する
ARABIC =ARABIC(文字列)
 ローマ数字をアラビア数字に変換する
ASIN =ASIN(数値)
 逆正弦を求める
ASINH =ASINH(数値)
 双曲線逆正弦を求める
ATAN =ATAN(数値)
 逆正接を求める
ATAN2 =ATAN2(x座標, y座標)
 x 座標と y 座標から逆正接を求める
ATANH =ATANH(数値)
 双曲線逆正接を求める
BASE
 2013 
=BASE(数値, 基数, [最小長])
 10進数を n 進数に変換する
CEILING.MATH
 2013 
=CEILING.MATH(数値, [基準値], [モード])
 指定した方法で数値を基準値の倍数に切り上げる
CEILING.PRECISE
 直接入力   2010 
=CEILING.PRECISE(数値, [基準値])
 数値を基準値の倍数に切り上げる
COMBIN =COMBIN(総数, 抜き取り数)
 組み合わせの数を求める
COMBINA
 2013 
=COMBINA(数値,抜き取り数)
 重複組み合わせの数を求める
COS =COS(数値)
 余弦を求める
COSH =COSH(数値)
 双曲線余弦を求める
COT
 2013 
=COT(数値)
 余接を求める
COTH
 2013 
=COTH(数値)
 双曲線余接を求める
CSC
 2013 
=CSC(数値)
 余割を求める
CSCH
 2013 
=CSCH(数値)
 双曲線余割を求める
DECIMAL
 2013 
=DECIMAL(数値, 基数)
 n 進数を10進数に変換する
DEGREES =DEGREES(角度)
 ラジアンを度に変換する
EVEN =EVEN(数値)
 数値を偶数に切り上げる
EXP =EXP(数値)
 ネピア数eを底とする数値のべき乗を求める
FACT =FACT(数値)
 階乗を求める
FACTDOUBLE =FACTDOUBLE(数値)
 二乗階乗を求める
FLOOR.MATH
 2013 
=FLOOR.MATH(数値, [基準値], [モード])
 指定した方法で数値を基準値の倍数に切り下げる
FLOOR.PRECISE
 直接入力   2010 
=FLOOR.PRECISE(数値, [基準値])
 数値を基準値の倍数に切り下げる
GCD =GCD(数値1, [数値2]…)
 数値の最大公約数を求める
INT =INT(数値)
 数値以下で最も近い整数にする
作例…割引価格の端数を切り捨てて整数にする
ISO.CEILING
 直接入力   2013 
=ISO.CEILING(数値, [基準値])
 数値を基準値の倍数に切り上げる
LCM =LCM(数値1, [数値2]…)
 数値の最小公倍数を求める
LN =LN(数値)
 自然対数を求める
LOG =LOG(数値, [底])
 指定した底の対数を求める
LOG10 =LOG10(数値)
 常用対数を求める
MDETERM =MDETERM(配列)
 行列式を求める
MINVERSE =MINVERSE(配列)
 逆行列を求める
MMULT =MMULT(配列1, 配列2)
 2つの行列の積を求める
MOD =MOD(数値, 除数)
 割り算の結果の余りを求める
MROUND =MROUND(数値, 基準値)
 数値を基準値の倍数に丸める
作例…価格を500円単位で丸める
MULTINOMIAL =MULTINOMIAL(数値1, [数値2]…)
 多項係数を求める
MUNIT
 2013 
=MUNIT(次元)
 単位行列を求める
ODD =ODD(数値)
 数値を奇数に切り上げる
PI =PI()
 円周率を求める
POWER =POWER(数値, 指数)
 べき乗を求める
PRODUCT =PRODUCT(数値1, [数値2]…)
 数値の積を求める
QUOTIENT =QUOTIENT(数値, 除数)
 割り算の結果の整数部分を求める
RADIANS =RADIANS(角度)
 度をラジアンに変換する
RAND =RAND()
 0以上1未満の乱数を発生させる
RANDARRAY
 365 
=RANDARRAY([行], [列], [最小], [最大], [整数])
 指定した行数/列数の範囲に乱数を表示する
RANDBETWEEN =RANDBETWEEN(最小値, 最大値)
 整数の乱数を発生させる
ROMAN =ROMAN(数値, [書式])
 数値をローマ数字に変換する
ROUND =ROUND(数値, 桁数)
 数値を四捨五入して指定の桁数にする
作例…割引価格の端数を四捨五入して整数にする
ROUNDDOWN =ROUNDDOWN(数値, 桁数)
 数値を切り捨てて指定の桁数にする
作例…割引価格の端数を切り捨てて整数にする
ROUNDUP =ROUNDUP(数値, 桁数)
 数値を切り上げて指定の桁数にする
作例…割引価格の端数を切り上げて整数にする
SEC
 2013 
=SEC(数値)
 正割を求める
SECH
 2013 
=SECH(数値)
 双曲線正割を求める
SEQUENCE
 365 
=SEQUENCE(行, [列], [開始], [目盛り])
 指定した行数/列数の範囲に等差数列を表示する
SERIESSUM =SERIESSUM(x, 初期値, 増分, 係数)
 べき級数を求める
SIGN =SIGN(数値)
 数値の正負を求める
SIN =SIN(数値)
 正弦を求める
SINH =SINH(数値)
 双曲線正弦を求める
SQRT =SQRT(数値)
 平方根を求める
SQRTPI =SQRTPI(数値)
 円周率の倍数の平方根を求める
SUBTOTAL =SUBTOTAL(集計方法, 範囲1, [範囲2]…)
 指定した集計方法でデータを集計する
SUM =SUM(数値1, [数値2]…)
 数値を合計する
SUMIF =SUMIF(条件範囲, 条件, [合計範囲])
 条件を満たすデータの合計を求める(単数条件)
作例…経費帳から「旅費交通費」の合計金額を求める
SUMIFS
 2007 
=SUMIFS(合計範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, 条件2]…)
 条件を満たすデータの合計を求める(複数条件可)
作例…「男性」かつ「A」会員の合計購入金額を求める
SUMPRODUCT =SUMPRODUCT(配列1, [配列2]…)
 配列の要素の積を合計する
SUMSQ =SUMSQ(数値1, [数値2]…)
 平方和を求める
SUMX2MY2 =SUMX2MY2(配列1, 配列2)
 配列の要素の平方差を合計する
SUMX2PY2 =SUMX2PY2(配列1, 配列2)
 配列の要素の平方和を合計する
SUMXMY2 =SUMXMY2(配列1, 配列2)
 配列の要素の差の平方を合計する
TAN =TAN(数値)
 正接を求める
TANH =TANH(数値)
 双曲線正接を求める
TRUNC =TRUNC(数値, [桁数])
 数値を切り捨てて指定の桁数にする
作例…割引価格の端数を切り捨てて整数にする

統計

関数 説明
AVEDEV =AVEDEV(数値1, [数値2]…)
 平均偏差を求める
AVERAGE =AVERAGE(数値1, [数値2]…)
 数値の平均を求める
AVERAGEA =AVERAGEA(数値1, [数値2]…)
 文字列を 0 と見なして数値の平均を求める
AVERAGEIF
 2007 
=AVERAGEIF(条件範囲, 条件, [平均範囲])
 条件を満たすデータの平均を求める(単数条件)
作例…会員ランクが「S」の会員の平均年齢を求める
AVERAGEIFS
 2007 
=AVERAGEIFS(平均範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, 条件2]…)
 条件を満たすデータの平均を求める(複数条件可)
作例…「女性」かつ「B」会員の平均購入金額を求める
BETA.DIST
 2010 
=BETA.DIST(x, α, β, 関数形式, [A], [B])
 ベータ分布の確率密度や累積分布を求める
BETA.INV
 2010 
=BETAINV(確率, α, β, [A], [B])
 ベータ分布の累積分布関数の逆関数の値を求める
BINOM.DIST
 2010 
=BINOM.DIST(成功数, 試行回数, 成功率, 関数形式)
 二項分布の確率分布や累積分布を求める
BINOM.DIST.RANGE
 2013 
=BINOM.DIST.RANGE(試行回数, 成功率, 成功数, [成功数2])
 二項分布の一定区間の累積分布を求める
BINOM.INV
 2010 
=BINOM.INV(試行回数, 成功率, 基準値)
 二項分布の累積確率が基準値以上になる最小の値を求める
CHISQ.DIST
 2010 
=CHISQ.DIST(x, 自由度, 関数形式)
 カイ二乗分布の確率密度や累積分布を求める
CHISQ.DIST.RT
 2010 
=CHISQ.DIST.RT(x, 自由度)
 カイ二乗分布の上側確率を求める
CHISQ.INV
 2010 
=CHISQ.INV(確率, 自由度)
 カイ二乗分布の下側確率から逆関数の値を求める
CHISQ.INV.RT
 2010 
=CHISQ.INV.RT(確率, 自由度)
 カイ二乗分布の上側確率から逆関数の値を求める
CHISQ.TEST
 2010 
=CHISQ.TEST(実測値範囲, 期待値範囲)
 実測値と期待値を元にカイ二乗検定を行う
CONFIDENCE.NORM
 2010 
=CONFIDENCE.NORM(有意水準, 標準偏差, 標本数)
 正規分布を使用して母平均に対する信頼区間を求める
CONFIDENCE.T
 2010 
=CONFIDENCE.T(有意水準, 標準偏差, 標本数)
 t分布を使用して母平均に対する信頼区間を求める
CORREL =CORREL(配列1, 配列2)
 相関係数を求める
COUNT =COUNT(値1, [値2]…)
 数値の個数を求める
COUNTA =COUNTA(値1, [値2]…)
 データの個数を求める
COUNTBLANK =COUNTBLANK(セル範囲)
 空白セルの個数を求める
COUNTIF =COUNTIF(条件範囲, 条件)
 条件を満たすデータの合計を求める(単数条件)
作例…会員ランクが「S」の会員数を求める
COUNTIFS
 2007 
=COUNTIFS(条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, 条件2]…)
 条件を満たすデータの合計を求める(複数条件可)
作例…「女性」かつ「B」会員のデータ数を求める
COVARIANCE.P
 2010 
=COVARIANCE.P(配列1, 配列2)
 共分散を求める
COVARIANCE.S
 2010 
=COVARIANCE.S(配列1, 配列2)
 不偏共分散を求める
DEVSQ =DEVSQ(数値1, [数値2]…)
 変動(偏差平方和)を求める
EXPON.DIST
 2010 
=EXPON.DIST(x, λ, 関数形式)
 指数分布の確率密度や累積分布を求める
F.DIST
 2010 
=F.DIST(x, 自由度1, 自由度2, 関数形式)
 f分布の確率密度や累積分布を求める
F.DIST.RT
 2010 
=F.DIST.RT(x, 自由度1, 自由度2)
 f分布の上側確率を求める
F.INV
 2010 
=F.INV(確率, 自由度 1, 自由度 2)
 f分布の下側確率から逆関数の値を求める
F.INV.RT
 2010 
=F.INV.RT(確率, 自由度1, 自由度2)
 f分布の下側確率から逆関数の値を求める
F.TEST
 2010 
=F.TEST(配列1, 配列2)
 2つの配列を元にf検定を行う
FISHER =FISHER(x)
 フィッシャー変換した値を求める
FISHERINV =FISHERINV(y)
 フィッシャー変換の逆関数の値を求める
FORECAST.ETS
 2016 
=FORECAST.ETS(目標期日, 値, タイムライン, [季節性], [データ補完], [集計])
 時系列データから将来の値を予測する
FORECAST.ETS.CONFINT
 2016 
=FORECAST.ETS.CONFINT(目標期日, 値, タイムライン, [信頼レベル], [季節性], [データ補完], [集計])
 時系列分析による予測値の信頼区間を求める
FORECAST.ETS.SEASONALITY
 2016 
=FORECAST.ETS.SEASONALITY(値, タイムライン, [データ補完], [集計])
 時系列データから季節変動の長さを求める
FORECAST.ETS.STAT
 2016 
=FORECAST.ETS.STAT(値, タイムライン, 統計の種類, [季節性], [データ補完], [集計])
 時系列データから統計値を求める
FORECAST.LINEAR
 2016 
=FORECAST.LINEAR(新しいx, yの範囲, xの範囲)
 回帰直線に基づいて x に対する y を予測する
FREQUENCY =FREQUENCY(データ配列, 区間配列)
 度数分布を求める
GAMMA
 2013 
=GAMMA(x)
 ガンマ関数の値を求める
GAMMA.DIST
 2010 
=GAMMA.DIST(x, α, β, 関数形式)
 ガンマ分布の確率密度や累積分布を求める
GAMMA.INV
 2010 
=GAMMA.INV(確率, α, β)
 ガンマ分布の累積分布関数の逆関数の値を求める
GAMMALN =GAMMALN(x)
 ガンマ関数の自然対数の値を求める
GAMMALN.PRECISE
 2010 
=GAMMALN.PRECISE(x)
 ガンマ関数の自然対数の値を求める
GAUSS
 2013 
=GAUSS(x)
 標準正規分布で指定した範囲に入る確率を求める
GEOMEAN =GEOMEAN(数値1, [数値2]…)
 相乗平均(幾何平均)を求める
GROWTH =GROWTH(yの範囲, [xの範囲], [新しいx], [係数の扱い))
 指数回帰曲線に基づいて x に対する y を予測する
HARMEAN =HARMEAN(数値1, [数値2]…)
 調和平均を求める
HYPGEOM.DIST
 2010 
=HYPGEOM.DIST(標本の成功数, 標本数, 母集団の成功数, 母集団の大きさ, 関数形式)
 超幾何分布の確率分布や累積分布を求める
INTERCEPT =INTERCEPT(yの範囲, xの範囲)
 回帰直線の切片を求める
KURT =KURT(数値1, [数値2]…)
 尖度を求める
LARGE =LARGE(範囲, 順位)
 大きい方から「順位」番目の数値を求める
LINEST =LINEST(yの範囲, [xの範囲], [切片の扱い], [補正項の扱い])
 重回帰分析により係数や定数項などを求める
LOGEST =LOGEST(yの範囲, [xの範囲], [係数の扱い], [補正項の扱い])
 指数回帰曲線の底や定数などを求める
LOGNORM.DIST
 2010 
=LOGNORM.DIST(x, 平均, 標準偏差, 関数形式)
 対数正規分布の確率密度や累積分布を求める
LOGNORM.INV
 2010 
=LOGNORM.INV(確率, 平均, 標準偏差)
 対数正規分布の累積分布の逆関数の値を求める
MAX =MAX(数値1, [数値2]…)
 最大値を求める
MAXA =MAXA(数値1, [数値2]…)
 文字列を 0 と見なして最大値を求める
MAXIFS
 2019 
=MAXIFS(最大範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, 条件2]…)
 条件を満たすデータの最大値を求める(複数条件可)
MEDIAN =MEDIAN(数値1, [数値2]…)
 中央値を求める
MIN =MIN(数値1, [数値2]…)
 最小値を求める
MINA =MINA(数値1, [数値2]…)
 文字列を 0 と見なして最小値を求める
MINIFS
 2019 
=MINIFS(最小範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2, 条件2]…)
 条件を満たすデータの最小値を求める(複数条件可)
MODE.MULT
 2010 
=MODE.MULT(数値1, [数値2]…)
 複数の最頻値を求める
MODE.SNGL
 2010 
=MODE.SNGL(数値1, [数値2]…)
 最頻値を求める
NEGBINOM.DIST
 2010 
=NEGBINOM.DIST(失敗数, 成功数, 成功率, 関数形式)
 負の二項分布の確率分布や累積分布を求める
NORM.DIST
 2010 
=NORM.DIST(x, 平均, 標準偏差, 関数形式)
 正規分布の確率密度や累積分布を求める
NORM.INV
 2010 
=NORM.INV(確率, 平均, 標準偏差)
 正規分布の累積分布の逆関数の値を求める
NORM.S.DIST
 2010 
=NORM.S.DIST(z, 関数形式)
 標準正規分布の確率密度や累積分布を求める
NORM.S.INV
 2010 
=NORM.S.INV(確率)
 標準正規分布の累積分布の逆関数の値を求める
PEARSON =PEARSON(配列1, 配列2)
 相関係数を求める
PERCENTILE.EXC
 2010 
=PERCENTILE.EXC(範囲, 率)
 0%と100%を除いた範囲で百分位数を求める
PERCENTILE.INC
 2010 
=PERCENTILE.INC(範囲, 率)
 百分位数を求める
PERCENTRANK.EXC
 2010 
=PERCENTRANK.EXC(範囲, 数値, [有効桁数])
 0%と100%を除いた範囲で百分位での順位を求める
PERCENTRANK.INC
 2010 
=PERCENTRANK.INC(範囲, 数値, [有効桁数])
 百分率での順位を求める
PERMUT =PERMUT(総数, 抜き取り数)
 順列の数を求める
PERMUTATIONA
 2013 
=PERMUTATIONA(数値, 抜き取り数)
 重複順列の数を求める
PHI
 2013 
=PHI(x)
 標準正規分布の密度関数の値を求める
POISSON.DIST
 2010 
=POISSON.DIST(事象の数, 事象の平均, 関数形式)
 ポアソン分布の確率分布や累積分布を求める
PROB =PROB(x範囲, 確率範囲, 下限, [上限])
 離散型の確率分布で指定した範囲の確率を求める
QUARTILE.EXC
 2010 
=QUARTILE.EXC(範囲, 位置)
 0%と100%を除いた範囲で四分位数を求める
QUARTILE.INC
 2010 
=QUARTILE.INC(範囲, 位置)
 四分位数を求める
RANK.AVG
 2010 
=RANK.AVG(数値, 範囲, [順位])
 範囲内での数値の順位を求める
RANK.EQ
 2010 
=RANK.EQ(数値, 範囲, [順位])
 範囲内での数値の順位を求める
RSQ =RSQ(yの範囲, xの範囲)
 回帰直線の決定係数を求める
SKEW =SKEW(数値1, [数値2]…)
 歪度を求める
SKEW.P
 2013 
=SKEW.P(数値1, [数値2]…)
 歪度を求める
SLOPE =SLOPE(yの範囲, xの範囲)
 回帰直線の傾きを求める
SMALL =SMALL(範囲, 順位)
 小さい方から「順位」番目の数値を求める
STANDARDIZE =STANDARDIZE(値, 平均値, 標準偏差)
 標準化変量を求める
STDEV.P
 2010 
=STDEV.P(数値1, [数値2]…)
 標準偏差を求める
STDEV.S
 2010 
=STDEV.S(数値1, [数値2]…)
 不偏標準偏差を求める
STDEVA =STDEVA(数値1, [数値2]…)
 文字列を 0 と見なして不偏標準偏差を求める
STDEVPA =STDEVPA(数値1, [数値2]…)
 文字列を 0 と見なして標準偏差を求める
STEYX =STEYX(yの範囲, xの範囲)
 回帰直線の標準偏差を求める
T.DIST
 2010 
=T.DIST(x, 自由度, 関数形式)
 t分布の確率密度や累積分布を求める
T.DIST.2T
 2010 
=T.DIST.2T(x, 自由度)
 t分布の両側確率を求める
T.DIST.RT
 2010 
=T.DIST.RT(x, 自由度)
 t分布の上側確率を求める
T.INV
 2010 
=T.INV(確率, 自由度)
 t分布の左側確率から逆関数の値を求める
T.INV.2T
 2010 
=T.INV.2T(確率, 自由度)
 t分布の両側確率から逆関数の値を求める
T.TEST
 2010 
=T.TEST(配列1, 配列2, 尾部, 検定の種類)
 2つの配列を元にt検定を行う
TREND =TREND(yの範囲, [xの範囲], [新しいx], [切片の扱い])
 重回帰分析により x に対する y を予測する
TRIMMEAN =TRIMMEAN(範囲, 割合)
 上位と下位から特定の割合のデータを除外して平均を求める
VAR.P
 2010 
=VAR.P(数値1, [数値2]…)
 分散を求める
VAR.S
 2010 
=VAR.S(数値1, [数値2]…)
 不偏分散を求める
VARA =VARA(数値1, [数値2]…)
 文字列を 0 と見なして不偏分散を求める
VARPA =VARPA(数値1, [数値2]…)
 文字列を 0 と見なして分散を求める
WEIBULL.DIST
 2010 
=WEIBULL.DIST(x, α, β, 関数形式)
 ワイブル分布の確率密度や累積分布を求める
Z.TEST
 2010 
=Z.TEST(配列, 基準値, [標準偏差])
 正規母集団の平均を検定する

エンジニアリング

関数 説明
BESSELI =BESSELI(x, n)
 第1種変形ベッセル関数 In(x) を求める
BESSELJ =BESSELJ(x, n)
 第1種ベッセル関数 Jn(x) を求める
BESSELK =BESSELK(x, n)
 第2種変形ベッセル関数 Kn(x) を求める
BESSELY =BESSELY(x, n)
 第2種ベッセル関数 Yn(x) を求める
BIN2DEC =BIN2DEC(数値)
 2進数を10進数に変換する
BIN2HEX =BIN2HEX(数値, [桁数])
 2進数を16進数に変換する
BIN2OCT =BIN2OCT(数値, [桁数])
 2進数を8進数に変換する
BITAND
 2013 
=BITAND(数値1, 数値2)
 ビット単位の論理積を求める
BITLSHIFT
 2013 
=BITLSHIFT(数値, 移動数)
 ビットを左にシフトする
BITOR
 2013 
=BITOR(数値1, 数値2)
 ビット単位の論理和を求める
BITRSHIFT
 2013 
=BITRSHIFT(数値, 移動数)
 ビットを右にシフトする
BITXOR
 2013 
=BITXOR(数値1, 数値2)
 ビット単位の排他的論理和を求める
COMPLEX =COMPLEX(実部, 虚部, [虚数単位])
 実部と虚部から複素数を作成する
CONVERT =CONVERT(数値, 変換前単位, 変換後単位)
 数値の単位を変換する
DEC2BIN =DEC2BIN(数値, [桁数])
 10進数を2進数に変換する
DEC2HEX =DEC2HEX(数値, [桁数])
 10進数を16進数に変換する
DEC2OCT =DEC2OCT(数値, [桁数])
 10進数を8進数に変換する
DELTA =DELTA(数値 1, [数値 2])
 2つの数値が等しいかどうかを調べる
ERF =ERF(下限, [上限])
 下限~上限の区間で誤差関数を積分した値を求める
ERF.PRECISE
 2010 
=ERF.PRECISE(上限)
 0~上限の区間で誤差関数を積分した値を求める
ERFC =ERFC(下限)
 下限から無限大の区間で相補誤差関数を積分した値を求める
ERFC.PRECISE
 2010 
=ERFC.PRECISE(下限)
 下限から無限大の区間で相補誤差関数を積分した値を求める
GESTEP =GESTEP(数値, [しきい値])
 数値がしきい値以上かどうかを調べる
HEX2BIN =HEX2BIN(数値, [桁数])
 16進数を2進数に変換する
HEX2DEC =HEX2DEC(数値)
 16進数を10進数に変換する
HEX2OCT =HEX2OCT(数値, [桁数])
 16進数を8進数に変換する
IMABS =IMABS(複素数)
 複素数の絶対値を求める
IMAGINARY =IMAGINARY(複素数)
 複素数の虚部を求める
IMARGUMENT =IMARGUMENT(複素数)
 複素数の偏角を求める
IMCONJUGATE =IMCONJUGATE(複素数)
 複素数の共役複素数を求める
IMCOS =IMCOS(複素数)
 複素数の余弦を求める
IMCOSH
 2013 
=IMCOSH(複素数)
 複素数の双曲線余弦を求める
IMCOT
 2013 
=IMCOT(複素数)
 複素数の余弦を求める
IMCSC
 2013 
=IMCSC(複素数)
 複素数の余割を求める
IMCSCH
 2013 
=IMCSCH(複素数)
 複素数の双曲線余割を求める
IMDIV =IMDIV(複素数1, 複素数2)
 複素数の商を求める
IMEXP =IMEXP(複素数)
 ネピア数eを底とする複素数のべき乗を求める
IMLN =IMLN(複素数)
 複素数の自然対数を求める
IMLOG10 =IMLOG10(複素数)
 複素数の常用対数を求める
IMLOG2 =IMLOG2(複素数)
 複素数の2を底とする対数を求める
IMPOWER =IMPOWER(複素数, 指数)
 複素数のべき乗を求める
IMPRODUCT =IMPRODUCT(複素数1, [複素数2]…)
 複素数の積を求める
IMREAL =IMREAL(複素数)
 複素数の実部を求める
IMSEC
 2013 
=IMSEC(複素数)
 複素数の正割を求める
IMSECH
 2013 
=IMSECH(複素数)
 複素数の双曲線正割を求める
IMSIN =IMSIN(複素数)
 複素数の正弦を求める
IMSINH
 2013 
=IMSINH(複素数)
 複素数の双曲線正弦を求める
IMSQRT =IMSQRT(複素数)
 複素数の平方根を求める
IMSUB =IMSUB(複素数1, 複素数2)
 複素数の差を求める
IMSUM =IMSUM(複素数1, [複素数2]…)
 複素数の和を求める
IMTAN
 2013 
=IMTAN(複素数)
 複素数の正接を求める
OCT2BIN =OCT2BIN(数値, [桁数])
 8進数を2進数に変換する
OCT2DEC =OCT2DEC(数値)
 8進数を10進数に変換する
OCT2HEX =OCT2HEX(数値, [桁数])
 8進数を16進数に変換する

キューブ

関数 説明
CUBERANKEDMEMBER
 2007 
=CUBERANKEDMEMBER(接続名, セット式, ランク, [キャプション])
 キューブ内の指定した順位の メンバーを取り出す
CUBESET
 2007 
=CUBESET(接続名, セット式, [キャプション], [並べ替え順序], [並べ替えキー])
 キューブからメンバーや組のセットを取り出す
CUBESETCOUNT
 2007 
=CUBESETCOUNT(セット)
 キューブセット内のアイテム数を求める
CUBEVALUE
 2007 
=CUBEVALUE(接続名, [メンバー式 1], [メンバー式 2] …)
 キューブから集計値を求める

情報

関数 説明
CELL =CELL(検査の種類, [対象範囲])
 セルの情報を調べる
ERROR.TYPE =ERROR.TYPE(エラー値)
 エラーの種類を調べる
INFO =INFO(検査の種類)
 Excelの動作環境を調べる
ISBLANK =ISBLANK(テストの対象)
 空白セルかどうかを調べる
ISERR =ISERR(テストの対象)
 [#N/A]以外のエラー値かどうかを調べる
ISERROR =ISERROR(テストの対象)
 エラー値かどうかを調べる
ISEVEN =ISEVEN(テストの対象)
 偶数かどうかを調べる
ISFORMULA
 2013 
=ISFORMULA(テストの対象)
 数式かどうかを調べる
ISLOGICAL =ISLOGICAL(テストの対象)
 論理値かどうかを調べる
ISNA =ISNA(テストの対象)
 エラー値[#N/A]かどうかを調べる
ISNONTEXT =ISNONTEXT(テストの対象)
 文字列以外かどうかを調べる
ISNUMBER =ISNUMBER(テストの対象)
 数値かどうかを調べる
ISODD =ISODD(テストの対象)
 奇数かどうかを調べる
ISREF =ISREF(テストの対象)
 セル参照かどうかを調べる
ISTEXT =ISTEXT(テストの対象)
 文字列かどうか調べる
N =N(値)
 値を数値に変換する
NA =NA()
 エラー値[#N/A]を返す
PHONETIC =PHONETIC(範囲)
 セルに入力されている文字列のふりがなを取り出す
SHEET
 2013 
=SHEET([値])
 シート番号を調べる
SHEETS
 2013 
=SHEETS([範囲])
 シートの数を調べる
TYPE =TYPE(データ)
 データの種類を調べる

Web

関数 説明
ENCODEURL
 2013 
=ENCODEURL(文字列)
 文字列をURLエンコードする
FILTERXML
 2013 
=FILTERXML(xml, xpath)
 XML形式のデータから必要な情報を取り出す
WEBSERVICE
 2013 
=WEBSERVICE(url)
 Webサービスからデータをダウンロードする

データベース

関数 説明
DAVERAGE =DAVERAGE(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの平均を求める
作例…成績データベースから「男」「物理」の平均点を求める
DCOUNT =DCOUNT(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たす数値データの個数を求める
作例…成績データベースから「男」「世界史」の受験者数と選択者数を求める
DCOUNTA =DCOUNTA(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たす空白以外のセルの個数を求める
作例…成績データベースから「男」「世界史」のデータ数を求める
DGET =DGET(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータを求める
DMAX =DMAX(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの最大値を求める
作例…成績データベースから「男」「物理」の最高点を求める
DMIN =DMIN(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの最小値を求める
作例…成績データベースから「男」「物理」の最低点を求める
DPRODUCT =DPRODUCT(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの積を求める
DSTDEV =DSTDEV(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの不偏標準偏差を求める
DSTDEVP =DSTDEVP(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの標準偏差を求める
DSUM =DSUM(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの合計を求める
作例…受注データベースから11/1以降の東京都の受注額の合計を求める
DVAR =DVAR(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの不偏分散を求める
DVARP =DVARP(データベース, フィールド, 条件範囲)
 別表の条件を満たすデータの分散を求める

互換性

関数 説明
BETADIST
 統計 
=BETADIST(x, α, β, [A], [B])
 ベータ分布の累積分布を求める
BETAINV
 統計 
=BETAINV(確率, α, β, [A], [B])
 ベータ分布の累積分布関数の逆関数の値を求める
BINOMDIST
 統計 
=BINOMDIST(成功数, 試行回数, 成功率, 関数形式)
 二項分布の確率分布や累積分布を求める
CEILING
 数学/三角 
=CEILING(数値, 基準値)
 数値を基準値の倍数に切り上げる
作例…価格を500円単位で切り上げる
CHIDIST
 統計 
=CHIDIST(x, 自由度)
 カイ二乗分布の上側確率を求める
CHIINV
 統計 
=CHIINV(確率, 自由度)
 カイ二乗分布の上側確率から逆関数の値を求める
CHITEST
 統計 
=CHITEST(実測値範囲, 期待値範囲)
 実測値と期待値を元にカイ二乗検定を行う
CONCATENATE
 文字列操作 
=CONCATENATE(文字列1, [文字列2]…)
 複数の文字列を連結する
CONFIDENCE
 統計 
=CONFIDENCE(有意水準, 標準偏差, 標本数)
 正規分布を使用して母平均に対する信頼区間を求める
COVAR
 統計 
=COVAR(配列1, 配列2)
 共分散を求める
CRITBINOM
 統計 
=CRITBINOM(試行回数, 成功率, 基準値)
 二項分布の累積確率が基準値以上になる最小の値を求める
EXPONDIST
 統計 
=EXPONDIST(x, λ, 関数形式)
 指数分布の確率密度や累積分布を求める
FDIST
 統計 
=FDIST(x, 自由度1, 自由度2)
 f分布の上側確率を求める
FINV
 統計 
=FINV(確率, 自由度1, 自由度2)
 f分布の上側確率から逆関数の値を求める
FLOOR
 数学/三角 
=FLOOR(数値, 基準値)
 数値を基準値の倍数に切り下げる
作例…価格を500円単位で切り捨てる
FORECAST
 統計 
=FORECAST(新しいx, yの範囲, xの範囲)
 回帰直線に基づいて x に対する y を予測する
FTEST
 統計 
=FTEST(配列1, 配列2)
 2つの配列を元にf検定を行う
GAMMADIST
 統計 
=GAMMADIST(x, α, β, 関数形式)
 ガンマ分布の確率密度や累積分布を求める
GAMMAINV
 統計 
=GAMMAINV(確率, α, β)
 ガンマ分布の累積分布関数の逆関数の値を求める
HYPGEOMDIST
 統計 
=HYPGEOMDIST(標本の成功数, 標本数, 母集団の成功数, 母集団の大きさ)
 超幾何分布の確率分布を求める
LOGINV
 統計 
=LOGINV(確率, 平均, 標準偏差)
 対数正規分布の累積分布の逆関数の値を求める
LOGNORMDIST
 統計 
=LOGNORMDIST(x, 平均, 標準偏差)
 対数正規分布の累積分布を求める
MODE
 統計 
=MODE(数値1, [数値2]…)
 最頻値を求める
NEGBINOMDIST
 統計 
=NEGBINOMDIST(失敗数, 成功数, 成功率)
 負の二項分布の確率分布を求める
NORMDIST
 統計 
=NORMDIST(x, 平均, 標準偏差, 関数形式)
 正規分布の確率密度や累積分布を求める
NORMINV
 統計 
=NORMINV(確率, 平均, 標準偏差)
 正規分布の累積分布の逆関数の値を求める
NORMSDIST
 統計 
=NORMSDIST(z)
 標準正規分布の累積分布を求める
NORMSINV
 統計 
=NORMSINV(確率)
 標準正規分布の累積分布の逆関数の値を求める
PERCENTILE
 統計 
=PERCENTILE(範囲, 率)
 百分位数を求める
PERCENTRANK
 統計 
=PERCENTRANK(範囲, 数値, [有効桁数])
 百分率での順位を求める
POISSON
 統計 
=POISSON(事象の数, 事象の平均, 関数形式)
 ポアソン分布の確率分布や累積分布を求める
QUARTILE
 統計 
=QUARTILE(範囲, 位置)
 四分位数を求める
RANK
 統計 
=RANK(数値, 範囲, [順位])
 範囲内での数値の順位を求める
STDEV
 統計 
=STDEV(数値1, [数値2]…)
 不偏標準偏差を求める
STDEVP
 統計 
=STDEVP(数値1, [数値2]…)
 標準偏差を求める
TDIST
 統計 
=TDIST(x, 自由度, 尾部)
 t分布の上側確率や両側確率を求める
TINV
 統計 
=TINV(確率, 自由度)
 t分布の両側確率から逆関数の値を求める
TTEST
 統計 
=T.TEST(配列1, 配列2, 尾部, 検定の種類)
 2つの配列を元にt検定を行う
VAR
 統計 
=VAR(数値1, [数値2]…)
 不偏分散を求める
VARP
 統計 
=VARP(数値1, [数値2]…)
 分散を求める
WEIBULL
 統計 
=WEIBULL(x, α, β, 関数形式)
 ワイブル分布の確率密度や累積分布を求める
ZTEST
 統計 
=ZTEST(配列, 基準値, [標準偏差])
 正規母集団の平均を検定する

その他

関数 説明
SERIES =SERIES(系列名, 項目名, 数値, 順序)
 グラフのデータ系列を定義する
スポンサーリンク

© 2021 Officeのチカラ