ユーザー定義の表示形式の基本

[Excel 2019/2016、Microsoft 365]

「1234567」と入力したセルを選択して[ホーム]タブにある[桁区切りスタイル]ボタンをクリックすると、セルの値は「1234567」のままセルの表示を「1,234,567」に変えられます(図1)。

図1 セルに[桁区切りスタイル]の表示形式を設定。

このようにセルの値はそのままに表示を変える設定を「表示形式」と呼びます。Excelには「桁区切りスタイル」のような組み込みの表示形式が多数用意されていますが、「ユーザー定義の表示形式」という機能を使って自分で表示形式を定義することもできます。ここでは、ユーザー定義の表示形式の基本的な操作を紹介します。

スポンサーリンク

ユーザー定義の表示形式の設定方法

ユーザー定義の表示形式は、「書式記号」と呼ばれる記号を使用して定義します。例えば、1桁や2桁の数値の先頭に「0」を補って4桁で表示したい場合は、「0」という書式記号を使用して表示形式を「0000」と定義します。すると、「1」と入力したセルには「0001」、「12」と入力したセルには「0012」という4桁の数値が表示されます(図2)。

図2 「1」「12」「123」が入力されたセルにそれぞれ「0000」という表示形式を設定すると、セルに「0001」「0012」「0123」が表示される。

ユーザー定義の表示形式は、[セルの書式設定]ダイアログボックスで設定します。設定方法は以下のとおりです(図3図5)。

図3
 (1) 表示形式を設定するセルを選択する。
 (2) [ホーム]タブの[数値]グループの右下にある小さいボタンをクリックする。

図4
 (3) [セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブが開く。
 (4) [分類]欄で[ユーザー定義]をクリックする。
 (5) [種類]欄に「0000」と入力する。
 (6) [OK]をクリックする。

図5
 (7) 先頭に「0」が補われて数値が4桁で表示される。

書式記号やその設定のルールについては、以下のページも参照してください。
ユーザー定義の表示形式…数値の書式記号

メモ

「0000」を設定したセルに5桁の数値を入力したら?
書式記号の「0」の数よりセルの数値の整数部分の桁が多い場合、整数部分はすべての桁が表示されます。例えば、「0000」という表示形式を設定したセルに「12345」を入力した場合、セルに「12345」と表示されます。

メモ

表示形式のバグ
「0000」のような表示形式を設定したあと、再度[セルの書式設定]ダイアログボックスを開くと、[分類]の選択が[ユーザー定義]から[その他]に変わり、[ロケール(国または地域)]欄に[ポルトガル語(アンゴラ)]などと表示されることがあります。セルの表示自体に問題はないようですが、ロケールが変更されることが気になるようなら設定時に日本のロケールID「[$-ja-JP]」を使用して「[$-ja-JP]0000」と定義してください。

セルの値に文字列を付けて表示するには

ユーザー定義の表示形式を使用して、セルの値に任意の文字列を追加することができます。追加する文字列はダブルクォーテーション「"」で囲んで指定します。例えば、「1」と入力されたセルに「"No."0000」を設定すると、「No.0001」と表示できます(図6)。

図6 数値を4桁表示にして、先頭に「No.」を付加する。

メモ

1文字の場合は「!文字」でもOK
追加する文字が1文字だけの場合は、ダブルクォーテーションで囲む代わりに、文字の前に半角の感嘆符を付けて指定してもかまいません。例えば、「123」と入力されたセルに「0!円」を設定すると、「0"円"」を設定したときと同様に「123円」と表示されます。

メモ

書式記号を文字として表示するには
書式記号を文字として表示する場合は、ダブルクォーテーションの中に入れるか、感嘆符を前に付けます。例えば「#」は書式記号ですが、「1」「2」「3」を「#1」「#2」「#3」と表示させるには、「"#"0」または「!#0」と設定します。

ダブルクォーテーションで囲まなくてもそのまま表示される文字

次の文字は、ダブルクォーテーションで囲まなくてもそのまま表示できます。

記号 記号名
¥ 円記号
$ ドル記号
+ 正符号
- 負符号
^ キャレット
= 等号
& アンパサンド
' アポストロフィー
~ チルダ
/ スラッシュ(日付の表示に使用)
: コロン(時刻の表示に使用)
( 左かっこ
) 右かっこ
< 小なり記号
> 大なり記号
{ 左中かっこ
} 右中かっこ
  スペース

例えば、「100」「200」「300」と入力されたセルに表示形式の「¥0」を設定すると、「¥100」「¥200」「¥300」と表示できます(図7)。「¥」をダブルクォーテーションで囲む必要はありません。

図7 数値の先頭に「¥」を付加する。

標準の表示形式に戻すには

初期状態のセルの表示形式は[標準]です。セルを選択して、[ホーム]タブの[数値の書式]の一覧から[標準]を選ぶと、表示形式を初期状態に戻せます(図8図9)。

図8
 (1) 表示形式が設定されたセルを選択する。
 (2) [ホーム]タブの[数値の書式]から[標準]を選択する。

図9
 (3) 表示形式が解除される。

メモ

[標準]を表す書式記号は「G/標準」
[標準]を表す書式記号は「G/標準」です。「G/」は半角で入力します。例えば、「12」「12.3」「12.34」と入力されたセルに「G/標準”kg”」を設定すると、「12kg」「12.3kg」「12.34kg」と表示されます。

表示形式を使用して改行を入れるには

ユーザー定義の表示形式では、セル内改行に[Ctrl]+[J]キーを使います。下図では、「1」「2」「3」…「12」と入力されたセルで、数値の後ろに改行を挟んで「月」の文字を表示します。なお、実際にセル内改行の表示を有効にするには、[折り返して全体を表示する]の設定を行う必要があります図10図14)。

図10
 (1) 設定対象のセルを選択してから、[セルの書式設定]ダイアログボックスを開く。

図11
 (2) [種類]欄に「0"月"」と入力する。
 (3) 「0」と「"月"」の間をクリックしてカーソルを置く。
 (4) [Ctrl]+[J]キーを押す。

図12
 (5) 「"月"」が次行に移動し、「0」だけが表示された状態になる。
 (6) [OK]をクリックする。

図13
 (7) 「1月」「2月」「3月」…と表示される。
 (8) [ホーム]タブの[折り返して全体を表示する]をクリックする。

図14
 (9) 数値と「月」の間に入れた改行が有効になる。

スポンサーリンク

関連記事

© 2021 Officeのチカラ