DateAdd関数 …日時に時間を加算する

投稿日:2017年8月13日 更新日:

[Access 2016/2013/2010/2007]

AccessのDateAdd関数の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

書式

DateAdd(単位, 時間, 日時)

日時に、指定した単位時間を加算して返します。「2週間後の見積有効期限の日にちを求めたい」というようなときに使用します。

戻り値の型 バリアント型 (内部処理形式 Date の Variant)

引数

引数 指定 説明
単位 interval 必須 加算する時間の単位を 表A の文字列式で指定。「"」で囲んで指定すること
時間 number 必須 加算する時間を数値で指定。負数も指定可能
日時 date 必須 基準となる日時を指定

表A 引数 単位 の設定値

設定値 説明
yyyy
q 四半期
m
y 年間通算日
d
w 週日
ww
h
n
s

※ DateAdd関数では、"y"と"d"と"w"は同じ結果を返します。

使用例

使用例 戻り値 説明
DateAdd("yyyy", 1, #2017/5/10#) 2018/05/10 2017/5/10 の1年後
DateAdd("m", -2, #2017/5/10#) 2017/03/10 2017/5/10 の2カ月前
DateAdd("m",1,#2017/1/30#) 2017/02/28 2017/1/30の1カ月後、2月に30日がないので2月末日が返される
DateAdd("d", 5, #2017/5/10#) 2017/05/15 2017/5/10 の5日後
DateAdd("ww", 2, #2017/5/10#) 2017/05/24 2017/5/10 の2週間後
DateAdd("ww", Null, #2017/5/10#) エラー 引数時間がNull値の場合、エラーになる
DateAdd("ww", 2, Null) Null 引数日時がNull値の場合、戻り値はNull値

実践例:見積日から2週間後の「見積有効期限」を求める

クエリを使用して、[見積日]フィールドの日付をもとに[見積有効期限]演算フィールドを作成します。見積有効期限は、見積日から14日後とします。

見積有効期限: DateAdd("d",14,[見積日])

スポンサーリンク

関連記事

Copyright© Officeのチカラ , 2018 All Rights Reserved.