Left関数 …文字列の左端から部分文字列を取り出す

投稿日:2017年8月22日 更新日:

[Access 2016/2013/2010/2007]

AccessのLeft関数の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

書式

Left(文字列, 文字数)

文字列の左端から指定した文字数分の文字列を取り出して返します。

戻り値の型:バリアント型 (内部処理形式 String の Variant)

引数

引数 指定 説明
文字列 string 必須 文字列を指定
文字数 length 必須 取り出す文字数を指定

使用例

使用例 戻り値 説明
Left("Access関数", 6) Access 先頭から6文字取り出す
Left("Access関数", 20) Access関数 文字数文字列の文字数以上の数値を指定した場合は、文字列全体が返る
Left("Access関数", 0) 長さ0の文字列 文字数に0を指定した場合は、長さ0の文字列が返る
Left(Null, 10) Null 文字列がNull値の場合、戻り値はNull値
Left("Access関数", Null) エラー 文字数がNull値の場合、エラーになる

実践例:商品コードを分解する

11桁の商品コードの先頭2文字を「分類番号」として取り出します。

分類番号: Left([商品コード],2)

スポンサーリンク

関連記事

Copyright© Officeのチカラ , 2018 All Rights Reserved.