StrConv関数 …文字列を指定した文字種に変換する

投稿日:2017年8月24日 更新日:

[Access 2016/2013/2010/2007]

AccessのStrConv関数の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

書式

StrConv(文字列, 文字種, ロケールID)

文字列を指定した文字種に変換して返します。矛盾のない組み合わせであれば、複数の文字種を「+」で結合して指定できます。

戻り値の型:バリアント型 (内部処理形式 String の Variant)

引数

引数 指定 説明
文字列 string 必須 文字列を指定
文字種 conversion 必須 変換の形式を 表A の値で指定。複数指定可能
ロケールID localeid 省略可 ロケールID(国別情報識別子)を指定。日本語環境のシステムで日本語を使用する場合は、通常省略する

※日本語のロケールIDは1041です。

表A 引数 文字種 の設定値

定数 説明
1 vbUpperCase 小文字を大文字に変換する
2 vbLowerCase 大文字を小文字に変換する
3 vbProperCase 各単語の先頭を大文字、2文字目以降を小文字に変換する
4 vbWide 半角文字を全角文字に変換する
8 vbNarrow 全角文字を半角文字に変換する
16 vbKatakana ひらがなをカタカナに変換する
32 vbHiragana カタカナをひらがなに変換する
64 vbUnicode システム既定のコードページからUnicodeに変換する
128 vbFromUnicode Unicodeからシステム既定のコードページに変換する

※4(vbWide)と8(vbNarrow)は、東アジアロケール(日本語、中国語、韓国語)で使用できます。
※16(vbKatakana)と32(vbHiragana)は、日本語のみで使用できます。
※日本語版Windowsの場合、システム既定のコードページはASCIIコードです。

使用例

使用例 戻り値 説明
StrConv("SUZUKI taro", 3) Suzuki Taro 各単語の先頭が大文字、それ以降は小文字になる
StrConv("access", 4) access 全角文字に変換される
StrConv("アクセス", 32) あくせす ひらがなに変換される
StrConv("access", 1+4) ACCESS 文字種に「1+4」を指定すると、全角の大文字に変換される
StrConv("access", 5) ACCESS 文字種に「1+4」の結果の「5」を指定しても、全角の大文字に変換される
StrConv(Null, 5) Null 文字列がNull値の場合、戻り値はNull値

実践例:氏名のふりがなを半角カタカナに変換する

[しめい]フィールドに入力されたふりがなを、クエリを使用して半角カタカナに変換します。StrConv関数の引数[文字種]に、半角に変換するための「8」とカタカナに変換するための「16」を加算して指定します。

氏名カナ: StrConv([しめい],8+16)

スポンサーリンク

関連記事

Copyright© Officeのチカラ , 2018 All Rights Reserved.