Choose関数 …インデックスに対応する選択肢を返す

投稿日:2017年8月25日 更新日:

[Access 2016/2013/2010/2007]

AccessのChoose関数の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

書式

Choose(インデックス, 選択肢1, 選択肢2 …, 選択肢n)

インデックスが1の場合は選択肢1インデックスが2の場合は選択肢2というように、インデックスに対応する選択肢を返します。

引数

引数 指定 説明
インデックス index 必須 1から選択肢の数までの範囲の数値を指定
選択肢 choice 必須 戻り値となる値を1つ以上指定

使用例

使用例 戻り値 説明
Choose(1, "営業部", "企画部", "総務部") 営業部 インデックスが1なので1番目の選択肢が返る
Choose(3, "営業部", "企画部", "総務部") 総務部 インデックスが3なので3番目の選択肢が返る
Choose(10, "営業部", "企画部", "総務部") Null インデックスが1未満、または選択肢数を超える数値の場合、戻り値はNull値
Choose(Null, "営業部", "企画部", "総務部") エラー インデックスがNull値の場合、エラーになる
スポンサーリンク

関連記事

Copyright© Officeのチカラ , 2018 All Rights Reserved.