現在の日付や時刻を自動表示する…TODAY / NOW関数

投稿日:2017年11月17日 更新日:

[Excel 2016/2013/2010]

TODAY関数を使用すると現在の日付を、NOW関数を使用すると現在の日付と時刻をセルに自動表示できます。ブックを開くたびに、その時点の日付や時刻に自動更新されます。

スポンサーリンク

作例…セルに現在の日付と時刻を表示する

図1では、TODAY関数で現在の日付を、NOW関数で現在の日付と時刻を表示しています。

セルB3 | =TODAY()

セルC3 | =NOW()

図1 TODAY関数で現在の日付を、NOW関数で現在の日付と時刻を表示する。

関数解説

TODAY関数

=TODAY()

パソコンの内部時計をもとに現在の日付を返します。引数はありませんが、カッコ「()」の入力は必須です。初期設定では、TODAY関数を入力したセルの表示形式が自動で「yyyy/m/d」に変わります。ほかの表示にしたい場合は、セルの表示形式を変更してください。

NOW関数

=NOW()

パソコンの内部時計をもとに現在の日付と時刻を返します。引数はありませんが、カッコ「()」の入力は必須です。初期設定では、NOW関数を入力したセルの表示形式が自動で「yyyy/m/d h:mm」に変わります。時刻だけを表示したい場合や秒数も表示したい場合など、ほかの表示にしたい場合は、セルの表示形式を変更してください。

メモ

日付や時刻を更新するには
TODAY関数やNOW関数の結果は、ブックを開くたびにその時点での日付や時刻に更新されます。また、ほかのセルの値が変更されるなどしてシートが再計算されるときにも更新されます。手動で強制的に更新したい場合は、[F9]キーを押します。

メモ

保存確認のメッセージ
TODAY関数やNOW関数を入力したブックでは、開いてから何も変更していなくても、閉じる時に「保存しますか?」という確認メッセージが表示されます。これは、ブックを開いたときに自動的に関数の結果が更新されて、変更が生じたことになるためです。
スポンサーリンク

関連記事

-日付計算 (E)
-

Copyright© Officeのチカラ , 2018 All Rights Reserved.