指定した桁で切り捨てる…ROUNDDOWN関数

投稿日:2017年9月25日 更新日:

[Excel 2016/2013/2010/2007]

ROUNDDOWN関数を使用すると、数値を指定した桁で切り捨てることができます。

スポンサーリンク

作例…割引価格の端数を切り捨てて整数にする

下図のD列に計算されている「セール価格 端数処理前」の数値には、小数点以下の端数が含まれています。ここではROUNDDOWN関数を使用して、端数を切り捨てて整数にします。第2引数[桁数]に「0」を指定すると、小数点以下の数値を切り捨てて整数にできます。

[数値]を指定した[桁数]で切り捨てる
=ROUNDDOWN(数値, 桁数)

セルE3 | =ROUNDDOWN(D3,0)

図1 セルE3にROUNDDOWN関数を入力して、セルE7までコピーする。

関数解説…ROUNDDOWN関数

書式

=ROUNDDOWN(数値, 桁数)

数値]を指定した[桁数]で切り捨てます。

引数

引数 指定 説明
数値 必須 切り捨ての対象となる数値を指定
桁数 必須 切り捨てする桁を指定(下図参照)。結果を整数にしたい場合は「0」を指定

図2 切り捨ての対象の桁は、引数[桁数]で指定する。「0」を指定した場合は、小数点第一位以下が処理対象になり、結果は整数になる。

図3 引数[桁数]に正数を指定すると、小数部分が処理対象になる。例えば、引数[数値]に「1234.567」、[桁数]に「1」を指定すると、小数点第二位以下が切り捨てられて小数点第一位までの数値「1234.5」になる。

図4 引数[桁数]に負数を指定すると、整数部分が処理対象になる。例えば、引数[数値]に「1234.567」、[桁数]に「-2」を指定すると、十の位以下が切り捨てられて100単位の数値「1200」になる。

メモ

引数[数値]が負数の場合
引数[数値]が負数の場合、[数値]の絶対値を切り捨てした結果に「-」(マイナス記号)を付けた数値が返されます。例えば、「ROUNDDOWN(-123.4,0)」の結果は「-ROUNDDOWN(123.4,0)」の結果と同じになります。

使用例

数式 結果 説明
 =ROUNDDOWN(3.25, 1)  3.2  「3.25」の小数点第二位以下を切り捨てて小数点第一位までの数値にする
 =ROUNDDOWN(3.149, 1)  3.1  「3.149」の小数点第二位以下を切り捨てて小数点第一位までの数値にする
 =ROUNDDOWN(-2.675, 2)  -2.67  「-2.675」の小数点第三位以下を切り捨てて小数点第二位までの数値にする
 =ROUNDDOWN(-2.444, 2)  -2.44  「-2.444」の小数点第三位以下を切り捨てて小数点第二位までの数値にする
 =ROUNDDOWN(3.62, 0)  3  「3.62」の小数点第一位以下を切り捨てて整数にする
 =ROUNDDOWN(42.5, -1)  40  「42.5」の一の位以下を切り捨てて10単位の数値にする
 =ROUNDDOWN(1562, -3)  1000  「1562」の百の位以下を切り捨てて1000単位の数値にする

注意

小数部が思い通りに表示されないときは
小数点以下まで表示されるように式を立てたのに小数部が欠ける場合は、セルの幅が狭すぎないか、小数部を表示しないような表示形式を設定していないか、確認しましょう。

メモ

ROUND系の関数
ROUNDDOWN関数の仲間に、指定した桁で四捨五入するROUND関数、指定した桁で切り上げるROUNDUP関数があります。使い方は同じなので、セットで覚えておくとよいでしょう。
スポンサーリンク

関連記事

-数値・数学

Copyright© Officeのチカラ , 2017 All Rights Reserved.